老後の環境を快適に

()

齢96の手習い

 来春で理事長を退任なさる決意を為された御年96の方からご相談を受け、色々と支援させて頂きました。

 殆どお一人暮らし状態なので、仕事を辞めた途端に独居老人化する恐れもあり、急速なボケの引き金にもなります。 既に足腰も弱って杖を必要とし、耳も良く聞こえなくなっているので補聴器を付けていても明朗に聞き取れないので電話は敬遠する傾向に有り、既に目も白内障を患っている状態。

 多くのお歳を召した方にありがちな状況ではありますが、幸いなことにご自身でパソコンを使って経営資料などを作って来られていたので、キーボードは人差し指打ちながらもなんとか扱える点でしょうか。

 対策として周囲の方々はスマホによるLINEを奨めましたが、これには難点があります。

  • 目が白内障を患っていて見え辛くなっているので、スマホの画面は小さ過ぎる。
  • 現在ガラケーを使用しているが、耳が聞こえ辛いのとメールは使い方が判らないので使用していない。
  • スマホの文字入力、指先によるタップ操作は未経験であり、指先も震えるので操作が難しい。

 そこで、弊社からのご提案は、実際にご本人様に付き添って量販店で現物も確認頂きながら概略ご説明させて頂き、

  • 簡便なMicrosoft Surfaceで、持ち運びもキーボード操作も可能とし
  • 将来的なスマホ操作の初歩として画面タップにも慣れて頂き、
  • ご自宅では見易い外付け大型ディスプレイに文字を大きく出して、尚且つUSBキーボードを装着し、馴れたPC環境に近付ける。
  • LINEのPC版をインストールし、ご家族やお孫さん達との通信環境を設定。
  • 更に長年お友達たちと慣れ親しんできた麻雀の無料ゲーム(Web対応)を設定。
  • キーボード操作が手暗がりになるので、LED照明を一つ設置。

という環境です。

 更にご自宅の居間にもお邪魔し、現状和室の掘り炬燵式のお机で...ということで設置させて頂きましたが、やはり足腰、腕の筋力も落ちているので、座ったり立ったりが難儀しており、心理的にも次のようなことが想定される状況でした。

20180914_01.jpg

  • 坐り難い/立つのが大変だから、座り机に寄り付かない。
  • 従ってPCを起動することも少なくなる。
  • LINEも麻雀ゲームもすることなく、ぼぉ?とTVを眺める
  • 孤立化し、ボケが進んでしまう

 そこでご本人様にもご説明し、弊社に全面委託頂くことをご承諾頂いて、次に様な支援をさせて頂きました。

20180914_02.jpg

  • 既存掘り炬燵の開口部や座り机等の各種寸法を測量。
  • ご本人様の身長等を加味し、座り机を活かすかさ上げBoxを二つ、類似色仕上げで製作。
  • 耐震も加味して金具等で目立たぬ場所でしっかりとかさ上げBoxと座り机を固定。
  • 掘り炬燵開口部は脱着可能な天板で封止。
  • 畳が傷まぬよう、且つつま先を引っ掛けない様に加工した保護板を製作し、椅子設置部に設営。
  • 椅子はキャスター付きで勝手に転がると危ないので、突起の少ないフランジ式脚部と交換した特注椅子を用意。
  • 陰に隠れてしまう左側カラーBoxは場所をずらして窓枠にしっかり固定。

 すっかり気に入って頂き、「この歳でLINEを始めるなんていう人はいないんじゃない?」と言いながら、今では毎日のようにお孫さん達とのLINEやお好きな麻雀ゲームを楽しみに為さっている様です。

 弊社では、単にITの物売りや設定に留まらず、耐震や各種安全性、人間工学的な面からだけでなく、依頼主様並びに周囲の関係者様も含めて将来の夢を描き、一層心地良くなるような環境造り、カルチャー造りを支援させて頂くことを大切にしております。

 操作環境の方も費用的にもかさ上げBosや床の保護版、特注椅子など含めて約11万円程度で収まり、気持ちが若返る様な赤い椅子に喜んでお座り頂けているので、弊社としても支援させて頂いた甲斐があったかと思うと同時に、更に一層若返っていつまでもお元気で頂ければ幸いと存じ上げます。